'; ?> おまとめローンの審査と金利との切っても切れない関係とは

既存の借入を一本化するおまとめローンの審査と金利との関係

おまとめローンとは、既に融資を受けている借入を一本化するというものですが、当然ながら審査に通過しなければおまとめローンを利用することはできません。そんなおまとめローンの審査で確認される項目としては、やはり返済能力になります。

 

融資を行う側からすれば、返済されない「貸し倒れ」にならないために、申し込んできた人の返済能力を測る必要があり、それが「審査」といえます。おまとめローンの審査についても、同様の目的で行われます。既存の借入を一本化するといった関係から

 

融資の金額も高額になりがちではあります

 

が、その金額を返済できると審査で判断されればおまとめローンを利用することができます。とはいえ、おまとめローンを行う側としても審査には必然的に慎重になります。おまとめローンに限らず、融資を受ける場合に必ず関係してくるのが金利です。

 

実は、この金利というものと審査には密接な関係があります。おまとめローンをはじめ、融資を受けるのであればできるだけ低金利のところを利用したほうが返済が楽なのは言うまでもないことですが、

 

金利が低くなればそれだけ審査も厳しくなる傾向

 

にあります。融資を行う側からすれば、金利は利益を得るための重要な手段です。同時に、融資を行うということは常に「返済されないかもしれない」というリスクを負うことでもあります。こうしたリスクを回避するといった目的としても金利が関係しています。

 

もしも返済されなかった場合に得られる利益がその分減少することになりますが、金利設定が低い場合と高い場合とでは減少する利益が大きく異なります。低金利の場合はもともと得られる利益も少ないため、できるだけ貸し倒れにならないように審査も慎重になるということです。

 

これはおまとめローンの審査であっても同様であり、利用する側からすれば現在利用している金利よりも低い金利で利用したいと考えるものですが、必ずしもその希望通りにはいかないのが現状といえるでしょう。また専業主婦 カードローンの審査も同様で銀行側からすれば慎重にならざる負えません。